おれいいヤツだから共有しとくよ

気になって調べたついでにまとめとく。おれいいヤツだから。

自己紹介~おれが感銘を受けたオジサンは詐欺師でした~

 

おれが投資と出会って、外資系コンサルに至るまでを振り返ってみたから自己紹介がてら共有しとくよ。

 

【概要】
・20代後半
・神奈川県民
・MARCH卒
・日系コンサルを経て、外資系コンサル

 

 

投資との出会い

スマートフォンとSNS

大学生になった2012年。
初めて持ったスマホ。
慣れないFacebookに戸惑う。

 

そんなある日、知らないオジサンから友達申請がきた。
来るものは拒まずの精神で承認した日、投資(FX)に出会った。

 

日々投稿される、取引結果(爆益)のスクショ。
ど派手な車を乗り回している写真。
『週給1,000万』『不労所得』という当時のおれの辞書にないようなパワーワードに心が躍った。笑

 

「いい大学に入って、いい会社に入る」という刷込み教育の賜物だったおれには、刺激的な世界だった。
(おれは結局、MARCHなので"いい大学"と言うべきか怪しいところ。笑)

 

勉強イメージ


1週間ほど投稿を眺めながらもFXのことを調べまくった。
気付けばバーチャルFXをはじめていた。
本を3冊買って、大学の授業そっちのけで勉強した。
人生で初めて、胸張って「勉強した」と言えるくらい勉強した(大学受験の比じゃない)。

 

「朝バイト→大学に行って(授業聞かずに)FXの勉強→友達と遊ぶ」そんな生活をしていたら、第4四半期の利益率は全国で2/20,000位になっていた。
大学2年生のとき、軍資金80,000円でリアルトレードに乗り出した。

感銘を受けたオジサンからのお言葉

【その1】
『金持ち父さん貧乏父さん』の言葉を借りるが、資本主義社会のトップを目指すなら、資本家(投資家)か経営者になれ。
労働者の中でトップを目指しても大局は労働者。
時間の切り売りに変わりない

労働者の中で、給料が良いと言われている仕事:
・投資銀行は資本家の真似事だし
・経営コンサルタントは経営者の真似事でしょうよ。

 

f:id:e-yatsu:20191113013410j:plain

【その2】
1円でもマーケットに投げ込めば、その日から投資家だ

 

【その3】
お金の使い方には消費・浪費・投資がある。

その後のおれ

資産推移(ざっと)

  • 大学2年生の終わり:18万
  • 大学3年生の終わり:41万
  • 大学4年生の終わり:76万

オジサンとの関係

オジサンとは投稿へのコメントやメッセンジャーで何度か会話した。
セミナーにも誘われたが大学生も大学生なりに忙しいので、すべて断った。

 

就活が落ち着いたら、メシでも行こうと思っていた矢先、オジサンの投稿が途絶えた

 

その2年後くらいに気になって、オジサンのお名前を検索した。
「☓☓☓☓被害者の会」みたいなサイトが出てきた。
ファンド名目で資金を集めて蒸発したらしい。

man escape


関わらなくてよかった。笑
なんとオジサンは詐欺師だったのだ。

〈考察〉

人を騙すために、事実に基づく話で信頼を積み上げているはずなので、オジサンの発言内容は基本的に的を射ていると思う。

大学卒業~いまのおれ

就活はそこそこ頑張った。
3年生のときに夏季インターンでお世話になった会社から声がかかっていた。
ただ、いわゆる大企業の歯車になるのが嫌で、裁量のもらえそうな小規模の会社やコンサルを中心に就活した。

 

結果的に、”外資系コンサル”と呼ばれる企業は最終面接でどこも落とされた。
とある会社の「優秀かもしれないけど、東大生たちの中では普通くらいかな」というフィードバックが印象的だった(怒)

そして、日系コンサルに入社した(決して有名ではないし、規模も小さい)。
ただ、この会社がお買い得企業だった!

規模は小さいのにクライアントの大半は大企業だった。
今振り返ると、業務内容は外資コンサルと遜色なかった。

 

suit up


小さな日系コンサルで、身を粉にして働いているうちに外資系コンサルから引き抜かれた。
そんな感じで、外資系コンサルになることができた。

 

いつかこの記事がMARCH在学中の学生にも読まれる日が来たら、声を大にして言いたい。
「憧れの企業があるなら、同じ業界内の”お買い得企業”を見つけて、結果を出せ!」と。

 

こんなことを書くと、感銘を受けたオジサンからのお言葉【その①】が活きていないようにも見える。

 

高い学費と4年間という年月を投じて「新卒カード」というものを購入しているのだ。
使わないのは勿体ない。
大学を出て就職しないのは「費用対効果」が悪い。だから就職した。

 

素晴らしいことに、就職しても投資はできる
株式取引を制限する会社はあっても、FXを制限する会社はかなり少ないと思われる。
たしかに大学時代と違って、相場に貼り付けない(利益率は大幅に落ちた)。
機会損失もたくさんある。

 

それでも、資産は着実に増え続けている。
1円でも投資し続けているからだ。
投資家界隈では有名な格言を書いておく。

 まず生き残れ。儲けるのはその後だ。(ジョージ・ソロス)

 

 ルールその1: 絶対に損をするな。
ルールその2: 絶対にルール1を忘れるな。(ウォーレン・バフェット)

なので、おれは

労働者ではありながら、投資家を続けているし、
コンサルの長時間労働のなかでも、1円以上は投資商品を持ち続けている。
そして、「大学進学」というお金の使い方をした以上、それを浪費にしないよう就職した。
大学生活もサラリーマン生活も投資となる(リターンが得られる)よう、仕事で結果を追いかけた。

Time is Money である
時間のかけ方も、消費・浪費・投資を意識した。

 

つまり結果論として、オジサンは詐欺師だったけど、かなり強烈な影響を受けた。という話です。

そして、おれはいいヤツだからこんな経験談を共有しようとブログを書いている。

自己紹介に代えて、共有しとくよ。

 

おれに興味をもった、そこのあなた。

最後まで読んだって、そういうことですから!

ここまで読んだ時間を浪費にしないように!

これからよろしくお願いします。

follow us in feedly